整骨院で感じた〇〇○の必要性

子どもの本音を言葉に変換!

感じて考えて書ける子に

岩下作文教育研究所 岩下春江です。

 

 

極度の

重症の

肩こり持ちです(ー_ー)!!

 

20代からずっと悩まされ、なんとかやりくりし

つきあってきましたが、

もう、やりくりではどうしようもない段階まで

きてしまいました。

 

 

近所の整骨院に通っています。

 

 

先日は、2回目だったのですが

かなり失敗((+_+))

 

 

何が失敗だったかというと

自分の症状をうまく説明できない。

 

 

「どの辺が痛みますか?」

岩「えーと、せなかのこの辺(手が届かず・・・(>_<)」

「背骨の右ですか?左ですか?」

岩「えー・・・分かりません・・・」

 

 

「腕をどうやると痛みますか?」

岩(動かす)「あっ、この動きです」

しかし、終わってから動かしていたら

もっと痛い動きがあった。

 

 

整骨院の質問は、的を得たものでした。

でも、もっと、詳しく答えられていたら

と、自分の説明力のなさにちょっと落ち込みました。

 

そうです。

「説明力」

 

病院は特に自分の症状をいかに

詳しく説明するかがカギです。

 

「痛い」だけではだめで

どこが

どんな風に

どんな間隔で

まで説明できた方が、原因究明まで早いのは

言うまでもありません。

 

 

帰りがけに次回の予約を入れようとしたら

手帳がなかったので、家に帰ってから電話します

と伝えました。

 

 

帰ってすぐ、電話したら

院長先生が電話に出て、予約したい旨を伝えたら

「すみません」と。

 

きっと、帰りがけに対応した人が

予約を取り忘れたと院長先生は思ったはず。

 

私、そのまま電話を切ってしまいました。

 

「私が帰宅してから予約を入れると言ったんです」

 

という説明をすれば、担当のひとが

怒られずにすんだかもしれません。

 

説明をすることは、大切です。

 

——————————————-
岩下作文教育研究所

埼玉県川口市柳崎5丁目
(ヨークマート柳崎店徒歩2分)

川口市立在家小、前川小
さいたま市立大牧小、向小、芝原小
ルーテル小、埼大付属小等の
生徒さんが通っています。

夏休み作文カンペキ!講座では
川口市、さいたま市大宮、与野
草加市、越谷市、松伏町
東京都北区、板橋区、八王子市
などからもお越し頂いています。

埼玉高速鉄道SRカルチャー
さいたま市西堀、松伏町等
出張しております。

遠方の方はでんわ講座を
ご受講頂いています。

Tel 048-269-5131(平日9時~20時)