この講座は、講師岩下と生徒さん1人の完全マンツーマンの指導です。

特に、原稿用紙3枚以上の「大作(たいさく)」を仕上げなければならない場合にご利用いただけます。

宿題代行業とは全く違い、お子様にとことん話を聞き、お子様の言葉で

お子さまの作文を仕上げます。

 

お手伝い可能な作文の種類

□ 修学旅行の作文

□ 林間学校、臨海学校の作文

□ 運動会、音楽会、マラソン大会の作文

□ 二分の一成人式の作文

□ 卒業文集

□ 小説、物語                         など

 

 

こんなお困りを解決できます。

□ 自分ひとりで作文を仕上げるのが難しい

□ ママと一緒に書くとケンカしてしまう

□ どうやって作文を書かせたらいいか分からない

□ 締め切りまでに出せるか自信がない

□ 我が子の気持ちが表れた作文を書かせたい

□ 子どもの感じたことをうまく整理して書かせたい

□ おとなしい子なので考えをうまく表せない

 

 

 

原稿用紙3枚以上の作文は、
子どもにとって、とても大変な宿題です。

 

計算問題や漢字練習とは全く違って、
自分の考え、気持ち、思いを出して、

 

全てオリジナルで書かなければならないからです。

 

子ども一人では書けないからと言って、親が手伝う方、多いです。
我が家もそうでした。

 

でも、ケンカになってしまう!

 

親が子を教えることは、難しいです。

 

中には親が子に教えて大成功!!の方もいらっしゃるので、
そういうノウハウを学ぶべきなんですが、

 

作文の締め切りは待ってくれません!

 

そんな時、岩下がお手伝いします。

 

特に修学旅行と卒業文集は一生残るもの

有名になったスポーツ選手や芸能人が話題になる時、必ず出てくるのが

卒業文集ではないでしょうか?

また、大人になって同級会に行った時なども

誰か必ず、修学旅行とか卒業文集を持ってきませんか?

 

親としても、それらは捨てられません

 

一生、残しておくものとして、お子さん自身が満足できる作品

書かせる必要があるのです。

 

 

この講座を受けてお子さんが得るもの

□ 嘘のない自分の気持ちが表れた作文を書ける

□ 親子ゲンカがなくなるだけでなく、ママが自分の作文をほめてくれる

□ 作文の書き方が分かる

□ 堂々と締め切り日までに提出することができる

□ 作られた作文ではなく、本当の自分の気持ちが表れた作文が仕上がる

□ 自分の気持ちを言えないことが多いが、ちゃんと話せたという自信がつく

 

親子の間ではケンカになってしまうことでも、
岩下は、子どもの本音を引き出す達人ですので、

 

締切に間に合わせます。

締切に間に合わせることは非常に大切です。

なぜなら、達成感と自己肯定感を高めるからです。

 

締切に間に合わなかったら、

「できなかった・・・」
「自分はだめなんだ・・・」

自己肯定感は低くなるばかりで
作文など書く気持ちはどんどん失せます。

 

 

きちんと締切に提出させてあげて、
お子さんに自信をつけてあげましょう。

 

 

作文をひとつ仕上げて締め切りまでに提出できれば、
お子さんは、自信がつきます。

 

自信がつけば、

次に書く作文の宿題は、自分で書いて提出できるようになります。

 

 

なぜ子どもの気持ちを引き出せるのか?

講師の岩下春江は・・・

小学生たちから、「何でも言える先生」「ゆかいな教室」と言われています。

 

教室に来る子達は、自分らしく存在しています。

時には、お行儀が悪い、という状態になることもありますが、つまらない顔をするのは指導が悪いから、と思っているので

子どものせいにはしません。

つまり、目の前の子どもの様子が指導の良し悪しを判断する材料と考えます。

子ども達は、言いたいことを言い、分からないことは分からないと言い、

なかなか帰りません(笑)

小中学校の先生、家庭教師、塾講師、ピアノ教室講師など教育に関わる仕事をする中で

子ども達が、今何をどんな風に思っているか、自然と感じることができるようになりました。

 

時々、ムスメに「ホントは○○と思ってるでしょ?」と聞くと

「何で分かったの!!」と驚かれます。

ピアノのレッスンでも、「この子はどの部分が理解できないのか」がパッと分かります。

 

 

自分自身も作文に挑戦し、過去には新聞投稿に何度も採用されました

今年も、久々に朝日新聞に採用され、晴れて図書券3,000円を頂きました。

子どもに書かせるだけでなく、自分でも書くので

作文のどんなところが難しいかが分かるし、うまく書けたときの喜びも知っています。

 

私が、子ども達に作文を書かせると、とても深いところまで考えられるようになります。

子どもが嫌になるまで質問をするからです。

質問も良し悪しで、あまりにしつこく質問するのでパートを3日でクビになったこともあります。

 

 

◆指導の流れ (1回 90分)

① ママから聞き取り 課題内容、文字数、締切日など

② 気持ちを楽にしてもらうため、世間話など。

③ テーマについて、聞き取り(30分~40分かけて聞き取ります)

④ 読み返しながら、下書きを書き進める

⑤ 講座の様子をご報告

↓↓

⑥ 後日、ワードで原稿用紙に清書したものをメール添付で納品

 

特典!原稿用紙清書サービス付き!

当教室では、内容をとにかく充実させるという方針のため、原稿用紙を使いません。

そのため、どのくらいの量が書けたか分からないというデメリットがあります。

とはいえ、過去の生徒さんは、ほとんど文字数をクリアしています。

 

 

清書をし始めて「文字数が足りない!」となった場合、また、お家で作文と戦わなければならないので、ケンカ勃発です(笑)

 

ですので、講座修了後、ワードで原稿用紙に印刷し、足りない部分があったら

どんなことを足せばいいかアドバイスを書いて、お届けします。

 

 

子どもによっては、原稿用紙の書き方を学び損ねた、よく知らない

という場合があります。それは、子どもの責任ではなくタイミングが悪かったり

経験が不足していたり、ということだと子ども達を見ていて感じます。

 

 

「原稿用紙に書いてもらったものを写すのは罪悪感を感じます」

作文の先生が原稿用紙に書いたものをお子さんが写す作業は

見ているだけだと宿題代行業と同じかもしれません。

 

ですが、それ以前にお子さんの気持ちをちゃんと引き出し

それを文字にしていますので岩下が書いた作文ではなく

れっきとしたお子さんの言葉によるお子さんの作文です。

 

 

そして

 

自分の作文を自分の文字で書き写すという作業は、非常に学習効果が高いです。

誰かが書いた教科書の話を写すのではなく、自分の作文を写す喜びを感じるはずです。

そして、書き写してみると、今まで不安だった原稿用紙の使い方をマスター

マス目に対して苦手意識があった子どもは、克服できます。

 

罪悪感を感じることなく、ワードで清書したものを自分の文字で写してほしいと願います。

 

 

 

オリジナル作文用紙使い放題

当教室では、考えを浮かびやすくするためオリジナル作文用紙を使っています。

この用紙は、

・罫線の太さ

・紙質

・罫線の色

子ども達が書きやすいように工夫しています。

どんどん書いてほしいので制限はありません。

多い子は6,7枚書いていきます。

 

※オンラインの場合は、オリジナル作文用紙をPDFでメール送信します

◆お申込みの流れ

① お申込みフォームに記入し、送信

② 岩下より返信。候補の日時をご提案

③ 日時決定

④ 受講

⑤ 後日メールにて原稿用紙の清書を送信

 

 

◆概要

対象: 主に小学生(中学生の作文は可。ご相談下さい)

時間: 1回 90分

場所: 岩下作文教育研究所 https://goo.gl/maps/KC3ReG7h5WN2

またはオンライン(電話、スカイプ、ズームなど)

料金に含まれるもの: オリジナル作文用紙使い放題 ワードでの原稿用紙清書メール送信

料金: 期間限定価格 13,500円 (通常15,000円)

※カンゼン克服受講者、オンライン日記受講者、岩下音楽教室生徒さんはさらに1,000円引き

 

◆お申込みフォーム◆

 

 

 

◆よくある質問

Q、90分は長すぎます。

A、過去2年間で90分が長すぎると感じたことはありません。むしろ足りないと感じることもありました。子どもの中には90分終了後「え?もう終わり?まだ10分しかたっていないと思った!」という子が多数います。

それだけ、子ども達も集中します。書き上げた達成感も味わうことができ、次は自分で書けるという自信もつきます。

90分は、原稿用紙3枚を書くのに必要な最低時間です。最初から書くのではなく、子どもの話をとことん聞きます。30分以上は話す時間です。だからこそ、その子だけの気持ちが表れた作文が完成するのです。

 

Q、原稿用紙は締め切りに間に合いますか?

通常、翌日までにはメール添付にてお納めしています。

学校の締め切りに余裕を持ってお申し込みされることをおすすめします。

 

 

Q、話が苦手なので不安です。

A、マンツーマン指導20年の経験で、初対面の子どもともすぐに打ち解けます。少しずつ話していくうちに、親御さまも知らなかったお子さんの気持ちを聞き出せることがよくあります。お子さんについて心配がある場合は、コメント欄でご相談ください。

 

Q、清書して、文字数が足りない場合はどうすればいいですか?

A、講座を始める前に、指定の文字数を伺います。講座後、岩下がワードで清書します。文字数が足りない場合は、どの部分をどの言葉で足せばいいか、アドバイスをつけてメール送信します。足す言葉は、お子さんとたくさん話していますので、その中から選びます。ですから、お子さんの気持ちがお子さんの言葉で表れる作文に仕上がります。

 

 

Q、教室が遠いです。

遠方の生徒さんは、オンラインでご受講いただけます。スカイプ、ズームなどのビデオ通話、Facebookのメッセンジャーなどで生徒さんと作文を書いています。これらは、Wi-Fi環境がないと通信料が高くなってしまうので、電話でも可能です。実際、電話でご受講頂いている生徒さんもいらっしゃいます。

 

 

Q、電話で作文が書けるんですか?

書けます。講座を受けて頂く前に、保護者の方としっかり打ち合わせをさせて頂きます。当日は、お子さんと電話で話しながら作文を書く際に気をつけることをお話しし、ゆっくりと進めます。電話は集中力がとても必要なので途中で休憩を入れながら書いていきます。

 

Q、受けるかどうか迷っています。

A、申し込みフォームのコメント欄にどんなことに困っているかご記入ください。サポート可能かどうか検討いたします。申し込みフォームに記入したから、「確定」ということはありません。ご安心ください。

 

Q、中学生ですが可能ですか?

A、可能です。ただし、受験のための小論文などは対応しておりません。

 


まずは、お問い合わせのみお気軽にどうぞ(^^)

お問い合わせの場合は、申込みフォームの

コメント欄にその旨ご記入くだされば

申し込みが確定ということはありません。

ご安心ください。

◆お申込みフォーム◆

 

教室案内・アクセス

お気軽にお問い合わせください048-269-5131受付時間 9:00 - 20:00 [ 月~土 ] 留守電の際はお名前をお願いします

メールでのお問い合わせ お気軽にお問い合わせください