開催レポ~見てさわって感じて書こう2017/2/25~

子どもの本音を言葉に変換!

感じて考えて書ける子に

岩下作文教室 岩下春江です。

 

 

本日2017/2/25、さいたま市プラザイーストにて「見てさわって感じて書こう」の講座を開きました。

プラザイーストは、初めての場所でよく分からないのに、お子さんに作文を習わせたい!という一心で

来て下さった方もいらっしゃいました。

本当にありがとうございます。

 

今回の材料はこちら▼▼

スポンジです(^^)

それも富士山カラー。

大きさは手のひらサイズ。

まずは、目を閉じてさわります。

次に見ます。

 

書き出しの文をいくつか指定して、その中に感じた言葉を入れていく方法にしました。

 

生徒さんの作品を紹介します。

赤字は指定した言葉です。

題名  富士山みたいなスポンジ    小4男子

 

「やわらかい」

先生が僕の手の上に何かおきました。

小さい

スポンジみたい

家にありそう

さわると形が変わった

きっとこれは家にあるスポンジだ。

次に見ました。

富士山みたい

富士山と同じ色

くものすみたい

スポンジだ。

富士山だ。なぜなら形も色もにているから。

あそべることに気付きました。

なげたり、はじいたりできました。

ぼくは、これに名まえをつけます。

「ふんか富士山」

なぜなら富士山みたいだし下に穴があってマグマがたまっているように見えたから。

あそんでいるうちに、周りがだんだんこわれてきた。

バリバリと音をたてながら色のさけめでやぶけそう。

あっ、やぶけた。(267文字)

「ふんか富士山」いいですね~(^^)

マグマまで想像でしたのに、遊び過ぎて破けちゃいました。

その音が「バリバリ」。このような音を表した言葉が入ると生き生きしますよね。

そして終わり方が秀逸。ついつい、まとめの言葉を入れたくなりますが、

この終わり方いいです!

「こわれてきた」→「破けそう」→「破けた」の変化も面白いです。

 

題名【やわらかいスポンジ~二色のスポンジ君~】  小2男子

 

「さわるとつぶれる」

先生がぼくの手の上になにかおきました。

下がザラザラで上がツルツル。

やわらかいスポンジみたい。家にありそう。四角形。小さい。

ぜんたいが白色だと思う。あながありそう。

これはきっと家にあるスポンジだと思った。

次に見ました。

やっぱり家にあるスポンジだ。下がくものすみたい。ななめになってる。

上から見ると四角い。上にもあながある。最初はぜんたいが白だとおもったけど下は青色だった。

それであそべることにきづきました。

スポンジより大きいはばのところに スポンジをはじいて落ちないように

まんなかを超すゲームができました。

ぼくはこれに名まえをつけます。

二しょく(色)のスポンジくんです。なぜなら 二しょくのスポンジだから。

スポンジはあそびにもつかえるし、しょっきを あらうのにもつかえるから べんりです。

ピラミッドみたいなスポンジができそう。(368文字)

▼▼と、イラストを描いてくれました。

想像力が豊かです。遊び方を考えているし、積み重ねたらピラミッドができそうだなんて、面白い!

考えも深い。「遊びにも食器にも使えるスポンジ」。スポンジの役目をふたつあげて、便利だと言えています。

——————————————


▼「ロールケーキになる!」そうです。つなげてみたりして。

子ども達、スラスラと止まることなくあっという間に書き上げていました。

次は、ママの感想です。

小1男子ママ

楽しいしかけがたくさんあって、気付いたら作文になっていました。

しかけとは、触ったり、見たり、ということだそうです。

確かにひとつのものなのに、触ることだけ、見ることだけ、を取り出して感じる「しかけ」ですね。

良い言葉をありがとうございます。

こちらのママは、一緒に参加して作文を書きました。

すごく生き生きとした、楽しく素敵な作文が仕上がったんです!

聞いていてワクワクしました。

 

大人だけでこの講座をやったら、絶対面白い作文がたくさんできる!!!

なんたって、子どもと違って人生経験が豊かですからね。

面白いだろうな~

 

今日、参加して下さった皆さん、ありがとうございました。

どうしても都合がつかず、参加できなかった方、ごめんなさい。

 

次回は3/11(土)「もうこわくない!読書感想文」です。

本は読んでこなくていいんですよ。この日もまた、えんぴつ3本だけ持ってきてくださいね(^^)

お会いできるのを楽しみにしています。

 

☆★日記を書いて文章力を上げる方法があります。無料メール講座→→