岩下がすすめる「学校に行きたくない」という子どもへオススメの本

お祝い事がストレスになる場合も

始業式が近くなると「学校に行きたくない」と思いませんでしたか?

私は、いつも休み明けは気分がしずんでいました。

入学式でさえも、です。

小学校、中学校、高校、どの入学式も良い気持ちで臨んだことはありません。

新しい環境になるのが嫌で、その不安や不満が写真に表れています。

どれもひどい顔です(-_-)

 

もしかして、私と同じように、他人からみると「お祝い」と思われることでも「嫌だな」と思っている子がいるかもしれません。

 

助けになるものは?

こんな時、辛い気持ちから抜け出すために何をすればいいのか、探します。

ひとと話すのが一番かな、と思いますが、お祝いだからこそ、人には言えない場合もあります。

そんな時、「本」という存在は、そっと寄り添ってくれます。

 

電車の中吊り広告で有名なあの本

私自身が辛かった時、この本があったら少し違ったかもしれないと感じました。

電車の中吊り広告で目にして、読んでみました。

 

「かみさまは小学5年生」著者すみれ サンマーク出版→→

私が買った本には10万部とありますが、今や35万部を超えるそうです。

私自身は、世界がほんわか広がった気がして温かい気持ちになりました。

ただ、この本は、賛同する人と同じく、批判する人も同じ数だけいます。

 

 

 

批判続出。でも小学生向け、とある

アマゾンのレビューは賛否両論とはまさにこのことで、星五つと星ひとつが同じくらいの割合です。

「そうそう、そうなんだよ!」と感動する人と同じくらい

「ありえない。この本、変だよ」と批判をする人がいます。

 

★アマゾンのページ→→

 

その批判の中で面白いのは

 

「この本は小学生だったらいい」

 

と批判的なニュアンスで書かれていることです。

裏を返せば、大人には合わないけど、小学生だったらいい

となります。

 

アマゾンのレビューは、大人が書きますから、子どもがどう思ったかは書かれることはほとんどありません。

さて、本物の子ども達が読んだらどう思うのかな?

 

見えない世界が嫌な人には勧めません

スピリチュアルとか宗教とかオカルトとか、そんな分類になるかもしれないので、嫌だなと思う人にはお勧めしません。

ただ、子どもが読んだらどうだろう?

と思うのです。

 

 

アマゾンのレビューに「小学生向けだからよくない」と書いてあったということは

本物の小学生には読みやすいということではないでしょうか?

 

 

今、見えている世界だけじゃないよ。辛かったら辛いって言っていいんだよ。

そんな風に言ってもらえているみたいで、私はほっとしました。

 

 

著者のすみれちゃんは、映画「かみさまとのやくそく」にも出演していたそうです。

私も見たのに気付かなかった!

 

 

さて、大人ではない子ども達はこの本を読んでどう思うでしょうか?

 

読書感想文を書くのにも案外いいかもしれません。

 

 

 

 

岩下作文教育研究所  岩下春江

——————–
埼玉県川口市柳崎5丁目
(ヨークマート柳崎店徒歩2分)

川口市立在家小、前川小、鳩ヶ谷小、
青木中央小
さいたま市立大牧小、向小、芝原小
白岡市立篠津小、
開智小、埼大付属小等の
生徒さんが通っています。

修学旅行、卒業文集など
お子さんの言葉で
お子さんの気持ちが表れた作文の
お手伝いができます。

出張ご希望も承ります。

海外在住の方、遠方の方は
オンライン講座で受講しています。

お問い合わせのみでもお気軽にどうぞ(^^)

Tel 048-269-5131(平日9時~20時)