「○○○のはなし」の作文は想像力を存分に発揮させる

ヒントになった「は・は・は」

ふと知ったこの絵本

ご存じの方も多いかと思いますが、せなけいこさんの「は・は・は (ことばのひろば)」/あかつき教育図書 です。

このお話は、すべて「は」から言葉が始まります。

「はなちゃん」

「はがいたい」

など、「は」から始まる言葉でうめつくされています。

楽しくもちょっとかわいそう、でも笑っちゃう。読んであげると子ども達は喜びます。

 

いつになく集中

ふと思いついたのが、「は・は・は」でもいいし自分の名前の一文字を取って作文を書ける!

例えば、岩下の場合は「い・い・い の話」にしました。

いわちゃんが

いしをけったら

いもむしに当たっちゃって

いたーい!と泣いちゃった

いもむしにごめんね と言ったけど

いそがしいからって どこかへ

いっちゃったよ

いかがでしょうか?

こんな例を子ども達に示すと「自分ならこうする」という考えが浮かぶようです。

そして、集中してどんどん書き進めます。「書ける」「書きたい」と言う気持ちが集中力を引き出しているのです。

書き方のルールはないけど自然にまとまる

文の始めを同じ文字で始めるルールは理解できます。2行目を書くとき、さて、どうするか、と考えます。

自然に、「どんなお話にしたらいいかな」ということを考えるのです。つまり、独立した一文ではなく、つながりを持った文章になります。

そして、子どもたち自身の経験からお話ができていきます。架空のお話なのに、しっかり個性が表れるのです。

この作文は大人気です。いろいろな文字から始められて、たくさん書けます。

ぜひ、お試しください。

 

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

は・は・は (ことばのひろば) [ せなけいこ ]
価格:968円(税込、送料無料) (2024/7/8時点)

楽天で購入

 

 

 

2024夏休み作文講座特集

2024年は集団講座とンツーマン講座があります

◆楽しい!作文の基礎講座
◆読む前に書く!原稿用紙3枚を埋める読書感想文の書き方
◆夏休みマンツーマン作文講座~90分で下書き完成

受講した生徒さん達が「もっと書きたい」「楽しい!」と言う
作文を体験してみませんか?