どんなネタでもひとりで作文が書けるようになる!

小学生カンゼン克服作文講座

 

どんなネタでも作文が書けますか?

難しい・・・ですよね。

でも、これからの小学生はどんなネタでも

ひとりで作文が書ける力が必要です。

なぜなら

2020年教育改革

思考力、判断力、表現力を評価するテストに変わります。

記述式問題が増えます。

国語だけじゃありません。数学もです。

考え方を言葉で表せることが必然的に求められるようになります。

今の小学生は知識詰め込み型では通用しません。

記述式、つまり作文が得意でないと

他の教科も得意になれないのです。

引っ込み思案ではすまされない

「うちの子は引っ込み思案だから・・・」

確かに、おとなしいタイプの子や、

人前で意見を言うのが苦手なタイプの子どもはいます。

でも、自分の意見を持たず、「おとなしいから」という

理由で一生を過ごしますか?

その子なりの意見をその子なりの表現の仕方で

コミュニケーションしていく能力が必要です。

では、どこでその能力を養いますか?

完全無欠のマンツーマン指導

電話で話しながら作文を書くので

お子さんの様子を伺いながら

ヒントを出したりアドバイスできます。

 

「今、感じていること」「今、思っていること」

を引き出すことが出来ます。

子どもは、「過去」に思いをはせることが苦手です。

なぜなら、今を生きているから。

 

今を生きる子どもの思いを引き出すには

マニュアルは通用しません。

 

子どものタイプによって指導法を変えられるのは

のべ2,000人の子ども達と関わった経験と

マンツーマン指導歴20年の実績があるからです。

 

家庭教師、塾講師、ピアノ講師、小学校教諭、中学校教諭など

色々な現場を見て知っています。

 

どの現場も目の前の子どもを見て

その子達だけの方法を考えるしかありませんでした。

 

授業中、机やいすが飛び交った経験もあります。

授業が成立すれば御の字、という世界に身を置いていました。

 

そんな中で感じたのは、荒れてしまった子どもの心は

集団では変えられない。

 

ひとりに向き合わなければ、その子の解決はできない

ということでした。

ピアノの指導で分かったこと

12年間、ピアノのマンツーマン指導をしていますが

子どもが10人いれば、10通りの教え方です。

 

他の子のレッスンを見れば「先生、全然違う人だ!」と言うはず。

それだけ、自然に人格が変わるようになりました。

 

最初、会ったばかりの時、ママが「この子は引っ込み思案で」

と心配していたのはどこへやら。

練習で困っていること、学校であったことなど

たくさん話してくれるようになります。

 

 

一時期、荒れてしまった子がいました。

とにかく何でも話しました。

時間は掛かりましたが今や良き師弟であり、音楽仲間です。

本人いわく

「あの時はひどかった~。岩下先生の所へ来るのだけが救いだったよ

 

子どもを育てるには、親御さまとの連携が必要です。

この時も、毎回電話で話し、会って話し、どういう方向に進むべきか

何度も相談しながら解決の道筋を探りました。

 

私にとって

マンツーマンとは

子どもに対して絶対あきらめない

ということです。

 

中学校の国語の授業で感じた違和感

公立中学校で国語を教えていた時

中学生になっても

まともな作文を書けない子がたくさんいました。

 

自分の気持ちや感想を

自分の中から引き出せないのです。

 

中学校で作文を教えることは無理です。

小学生のうちに基礎的な力を身に付けておかないと

中学校以降の勉強は身に付かない

と実感しました。

学習効果の高さ

作文指導後、

「作文が好きになった」「作文を書く自信が持てた」

と答えた子は

100%です。

指導前は、「苦手」「普通」「好き」のレベルから指導後は

全員作文に対する意識レベルが上がり

その後、ひとりでも自信を持って

作文に取り組めるようになっています。

作文が得意だと他教科の成績が自然に上がる

作文を書くことは、読解力を伸ばす近道です。

本を読むよりずっと早く効果が出ます。

学習効果を上げる方法として

 

<インプット(読書)よりアウトプット(作文)>

 

特に読むのが苦手な子は、書くことを覚えると

読解力が伸びるきっかけになります。

 

日本語の能力をぐんぐん伸ばしていくので

日本語で解説されている他教科の成績が必然的に上がるのです。

英語を伸ばすのだってまずは日本語の作文

グローバル社会に生きる子ども達に必要な英語。

英語を話せるようになっても

「何を言いたいのか」「何を伝えるのか」

がなければ、英語の価値はないと思いませんか?

 

考えを伝える手段である語学を身に付ける前に

肝心の「自分の考え」を自覚できる能力が

必要ではないでしょうか?

 

作文が得意という自信は生涯役立つ

子どもの頃、「作文が苦手」と感じてしまうと

大人になって変えることは難しい。

 

そんな大人が多くのママ達です。

 

子どもに聞こえないように

「実は、私が作文が苦手でして・・・」

内緒で教えてくれます。

 

安心して下さい。ひとりやふたりじゃないんです。

私と話したママ達半分以上がそうでした。

 

高校受験だけでなく、就職活動や仕事面

子どもが学校へ行けば学校とのやり取り。

ママ自身が作文の重要性を実感しているはずです。

 

子ども達が、どんなネタでもひとりで作文が書けるようになれば

お子さんの人生は大きく変わるでしょう。

小学生の今だって、3か月後、自信を持って作文を書くだけじゃなく

いろいろな可能性があることに気付くはず。

どんなネタでもひとりで作文が書けるようになるワザを

自信を持ってお伝えします

 

 

3カ月全6回でお子さんが手にするもの

□ 「自分は作文が得意!」という自信

□ どんなネタでも自分なりの作文が書ける思考力

□ 自分の中から考えを引き出す表現力

□ 親以外の大人に自分の考えを伝えるコミュニケーション力

 

受講した生徒さんとおうちの方の声

小学生カンゼン克服作文講座基礎コース受講生 ~小5 N君~

基礎講座受講 小5 N君

Q 作文を習うと聞いてどう思いましたか?

おもしろそうだし、勉強になるからいいと思った。

Q 作文を習う前はどんなことに困っていましたか?

文章の構成、書き始め

Q 作文を習うことは

<よかった・楽しかった> なぜなら、自分の思ったことを書けるから

Q 6回の講座を受けて困ったことはどうなりましたか?

なくなった

Q その他

作文がいままでより好きになった。

 

 

N君のママより

Q 受講する前はどんなことに悩んでいましたか?

とにかく作文をキライだった事。

Q この講座を知ってすぐに申込みましたか?

1年以上かかりました。作文って教えられるものなのかなと不安でした。受講料も高かったので直ぐ決められなかった。

Q 申込んだ決め手は?

先生の営業力(^^)

Q 6回の講座を受けてお子さまに変化はありましたか?

変わりました。作文に対しての苦手意識がなくなりました。受講料が高かったけど、それ以上の価値がありました。

 

 

岩下より

N君、実は文章をかくことそのものはキライではありませんでした。自分で小説など書いていたらしいのです。ですから、文体が大人びていて書き始めると独自の視点からどんどん書き進めていきました。でもママから見ると「作文」は苦手。そして、N君の作文をなんとかしたいとずっと思っていました。

もしかしてN君がキライだったのは「学校で書く作文」だったのではないでしょうか?自分の思ったことを書いてもいいんだ、と思えたことで自分らしさを出せるようになっていったと感じます。

読書量も多いので、いろいろな言葉を知り、使いこなせていました。マインドマップ風の書き方を使って考えを出す訓練をし、だんだん自分の気持ちをストレートに出すようになっていきました。N君のママは、「子どもは尊敬すべきもの」という素晴らしい考えをお持ちで、子どもの良さをいかに伸ばすべきかという視点でいつもお話してくださいました。

回数を重ねるにつれ、自分の世界観を存分に出して中身の濃い作文が仕上がっていきました。

 

 

小学生カンゼン克服作文講座導入コース受講生の感想 ~小5 巽くん~

導入講座受講 小5 巽政樹くん

Q 作文を習うと聞いてどう思いましたか?

あ、あそこいくの?

Q 作文を習う前は、作文でどんなことに困っていましたか?

改行など細かいところ。(作文のきまりみたいなもの)

Q 作文を習うことは、よかったですか?

作文の仕方や、細かいルールが分かったりしたので良かった。

Q それはどんなところですか?

なんでも言える場所

Q 6回の講座を受けて困っていたことはなくなりましたか?

なくなりました。

政樹君のママ 巽尚子さま

Q 導入コースを受講する前はどんなことでお悩みでしたか?

子供がひとりで作文を書くことが出来ず泣くことがあった。私自身もどう教えて良いかわからなかった。

Q どの部分が決め手となってお申し込み頂きましたか?

90分で読書感想文を書く。どんな感じに仕上がるのか想像もつかなかったのですが、そこを悩む程、子供の書けないに時間がなかった。(※最初のお申し込みは夏の感想文講座でした)

Q 6回の講座でお子さまに変化はありましたか?

書くことに抵抗しなくなり、素直な気持ちが文章に表すことができるようになった。本人も自分の気持ちを文字に表して良い事がわかり、気持ちも楽になったように感じています。

岩下より

政樹くんは、最初、夏休みの感想文講座に参加してくれました。書くことがとても苦手でなんとかさせたいというママの強い願いがあり、その後継続して受講いただいています。

「本音を言っていい場所」と認識してくれ、感性の鋭い作品を毎回生み出しています。当教室のトップページの「本音」の作文は政樹君が書きました。

その後、読売新聞埼玉版にも掲載され、ご家族やご親戚にも喜んでもらえました。しかし、その感性の鋭さが子ども社会では生きにくさを感じてしまうこともあり、ご家族のフォローで克服しています。

 

 

 

 

 

小学生カンゼン克服作文講座基礎コース受講生の感想 ~小5 K君~

基礎講座受講(電話で受講) 小5 K君

Q「でんわで作文を習う」と聞いてどう思いましたか?

「また作文の勉強かーーー」と思いました。

Q でんわで作文を習う前は作文でどんなことに困っていましたか?

最後まで文がうまらなかったです。そしてうまらなかったところに書く言葉が思いうかばなかったです。

Q でんわで習うことはよかったですか?

よかったです。電話でやった作文の続きを宿題でやるときに1人だけでできるようになりました。

Q 6回の講座を受けて困っていたことはなくなりましたか?

なくなりました。陸上大会の新聞も最後まで字をうめることができました。6日目の作文の宿題が3まいも書けたのでびっくりしました。岩下先生ありがとうございました。

 

K君のママより

Q 基礎講座を受講する前はどんなことでお悩みでしたか?

今まで先生の講座を3回受講しましたが Kは集団で受ける講座は向いていないな・・・と思いました。まわりが気になり集中できず、最後まで仕上がらない・・・。今後やるならマンツーマンがいいな~と思っていました。

Q 基礎講座を知ってすぐお申し込みになりましたか?

最初は料金のことでずいぶん悩みました。5万円近い金額でしたので・・・。(2017年の金額)ちゃんと最後までやり遂げられるだろうか・・・成果が得られるだろうか・・・不安でした。

Q どの部分が決め手となってお申し込み頂きましたか?

苦手な作文が克服できれば、この先絶対役に立つと思い 子供への投資、未来へ投資しようと思い決めました。

Q 電話での受講でしたがいかがでしたか?

なかなか自分の言葉や感情を表す事が苦手な子で、顔や姿が見えないと考えている間が無言になってしまうので、電話で大丈夫かな?とも思いましたが、先生が根気よく質問等で本音を聞き出してくれました。

Q 6回の講座を受けてお子様にどんな変化がありましたか?

作文を書く機会はまだありませんが、林間学校や陸上大会などの行事の新聞を書く事があり、全部一人で書きあげていました。学校の先生からも「とてもていねいで、くわしく書けています」と大きな花まるをいただきました。本人も嬉しかったと思います。細かく指導していただき、本当に感謝申し上げます。私もいろいろ気付くことができ、とても勉強になりました。

岩下より

K君は、基礎コース、応用コースを電話で受講してくれました。おとなしい性格で最初は考えていること、思っていることをなかなか言葉にできませんでした。しかし、6回話しながら作文を書き、友だち関係がとても良いこと、将棋や歴史にとても興味があることなどが分かってきました。

最終回の自分をほめる作文では3枚書く事ができ、自分には良いところがたくさんある、と自己肯定感がアップした様子が伝わりました。この後、応用コースを6回受講し、原稿用紙に対する悪いイメージも克服しました。

読売新聞埼玉版にも掲載され、学校でも先生方にほめられ、ますます自信をつけています。6年生になった現在は、宿題の作文を4枚も書き、ママが「初めて知る内容が盛りだくさんで、Kの気持ちもしっかり書けていました。」と報告してくれました。

 

コースは3つ <導入コース、基礎コース、応用コース>

導入コース 

~五感を鍛えて言葉に変換できる表現力育成~

導入①コースは話すことが第一でしたが、それを自分の文字で書いていきます。

思う速さと書く速さが一致することが、作文を書くための理想です。

その第一歩を、導入②と同じテーマで取り組みます。

 

★★くわしくはこちら→

 

基礎コース(小5、小6)

~「ゼロ」から「いち」を生み出す思考力育成~

「書けない」と思うのは、題名(テーマ)に対して全くしらないとか、経験がないと思うからです。

そうではなく、テーマを自分の経験をいかに結び付けられるかが

これからの小論文や、志望理由書を書くのに役立つのです。

「書けない」という「ゼロ」の状態から、何かひとつでも生み出すコツを身に付ければ

どんな作文でも書ける自信が付きます。

 

★★くわしくはこちら→

応用コース

~ゼロからいちを生み出し原稿用紙に表現できる応用力育成~

基礎コースまでは、オリジナル作文用紙で自由に自分の感じたことを文字にする経験を重ねてきました。

まずは、そこが基本だからです。しかし、実際の世の中は《原稿用紙》という型にはめるのが一般的。

原稿用紙を見ても気後れせず、文字数を考えながら原稿用紙をあやつるくらいの気持ちになる能力を育成します。

応用コースは、基礎コース修了者のみが受講できます。

★★詳しくはこちら→

 

Q、できるか不安なので体験講座を受けたいのですが。

可能です。詳細は体験講座のページをご覧下さい。★体験講座→→

 

Q、オンラインでも受けられますか?

スピーカーフォンの電話があれば可能です。

または、ビデオ通話のzoom(ズーム)でも可能です。

詳しくはご相談ください。

基礎コースと応用コースの計12回を電話で受講した生徒さんがいます。

当教室から遠方の方でも、指導を受けて頂けます。

 

Q、どのコースがいいか迷っています

まずは、個別相談(無料)でどんなお悩みがあるのか、しっかり伺います。

申込みフォームのコメント欄に簡単にお悩みをお書きくださるとスムーズです。

 

Q、宿題はありますか?

あります。

講座内に仕上がらなかった場合は、仕上げた作文を郵送してもらいます。

仕上がった場合は、同じテーマで新たな課題を出します。

宿題の量は、保護者の方、本人と相談のうえ、負担がないよう、しかし、確実に実力が身に付くよう相談しながら出しています。

Q、宿題はどうやって出すのですか?

郵送です。

「手紙を出す」という経験も大切な学習と考えます。返信用封筒を同封し、いつまでにポストに投函するかなど、スムーズにできるよう、指導しています。

 

★★まずは、お気軽にお問い合わせ下さい(^^)→