目指すところは

書く機会が少ない小学生が100作文を目指すことによって「作文は得意だ!」という気持ちにすること

2020年の教育改革では、記述式問題に重点が置かれ、これからの子ども達は文章を書く力が必須と言われています。しかし残念ながら文章の書き方を学ぶ機会が少ないのも現実です。小学生の多くが、「作文は苦手」と感じているようです。

この講座では、新聞投稿で鍛えられたノウハウを持つ講師が、簡単に書けて、読み返したくなるくらい自分の気持ちが表れた作文の書き方をお伝えします。

どんな作文が書けるのか、詳しくはこちら→→

 

 

作文の苦手克服はオリジナル作文用紙で解決!

罫線のみのオリジナル用紙を使って、文字を気にせず、消しゴムも使わず、内容に集中して書くことを練習していきます。

オリジナルの作文用紙の書き心地をお試し下さい。子ども達は、1回の講座で多い時は5,6枚書きます。

 

 

 

消しゴムを使わないのは、「考えや気持ちも消えてしまう」からです。

子ども達が作文を苦手な原因は、原稿用紙の「マス」にあることが多くあるので、この用紙をつくりました。

 

苦手意識を克服するには、まず、楽しく数をこなすことが大切です。100作文を目指して「作文は得意!」という気持ちを育てたいと思っています。

 

 

体験講座が受けられます

どんな講座なのか、どんな講師なのか、どんな雰囲気なのか、1度試してみないと続けるか決められないものです。

ぜひ、体験講座を受けてみて下さい。

お気軽にお問い合わせ下さい。

よみカルの講座は、当教室ではなく、よみうりカルチャー浦和にお問い合わせ、お申込み下さい。

電話が確実です。

よみうりカルチャー浦和 ℡ 048-824-5711
9:45~20:30(日曜は17時まで)

 

 

 

保護者様だけの見学もできます

お子さんに「作文」と話しただけで拒否反応を示す場合があることがよくあります。

そんな場合は、一部の時間のみですが、親御さまのみの見学ができます。

もちろん、お子さまと一緒の見学もできます。ただし、お子さまとの見学でも、一部の時間のみですのでご了承下さい。

 

 

 

よみうりカルチャー浦和 ℡ 048-824-5711
9:45~20:30(日曜は17時まで)

 

 

 

集団講座の特長

お子さまひとりひとりに目が行き届く定員に設定しています。約10人までとしています。

集団だからこそ、マンツーマンにはない良さがあります。

集団で良いところは、

  • 友だちの作文の良さを知り、取り入れることができる
  • 自然に書く雰囲気になる
  • お互いに認め合うことができる
  • 友だちの頑張りが刺激になり、やる気になる

しかし、お子さまの中には、まだ友だちの中では自分を出せない場合や、自分のペースで書きたい場合があります。そんな時は、集団では成果が出せないこともあります。