応用コースは、基礎コースまで修了した生徒さんが

原稿用紙で文字数を考えながら

さらに、自力で作文が書けるようになる能力を身に付けます。

 

当教室は、作文のテクニック以前に

何を書くか、自分はどう思っているのか

中身を重視しています。

漢字や、文字の丁寧さは要求していません。

ですが、中身が充実した作文が書けるようになったら

日本の標準仕様である原稿用紙に慣れておくことが

お子さんの将来にとって非常に有利な力となります。

 

 

 

◆対象:基礎コース修了者

◆目安:言われた言葉を自分が読める文字で書き取れる、反抗期に差し掛かった、親の言うことを聞かない、親に話をしなくなった

◆目標:原稿用紙2枚(800字)で自分の考えを述べられる

◆期間:主に2週間に1回のペースで全6回

◆内容:1回40分の電話講座または 1回50分のリアル講座(川口市柳崎教室)

 

<全6回内容>

① 原稿用紙に慣れよう

② 好きなことは何?~特徴と理由~

③ 親にしてほしいこと、してほしくないこと

④ 25才の自分はどんな人間になっている?

⑤ 続きを書いてみよう

⑥ <まとめ>5回頑張った自分はどんな人間?

充実の添削

講座時間は1回40分(でんわ)と50分(リアル)で、たいして長い時間ではありません。

しかし、講座で書いた作文を改めて講師の岩下が添削し、さらに高いレベルの問題を出します。

1回の講座で生徒さんは2回郵送することもあります。

マニュアル通りの添削と違い、お子さんの性格や、レベルに応じて、お子さんだけのアドバイスをしています。

ですから、型にはめ込む作文ではなく、

自分が本当に思っていること、体験したこと、考えたことなど

お子さんならではの作文を仕上げる指導をします。

自分の考えを文字にするということは、自分を深く見つめることです。

それは、簡単で楽しいだけの作業ではなく、時に、苦しさもあります。

しかし、自分を深く見つめた経験をした子どもは、文章の中身が充実し、確実に書く力が身に付くのです。

◆フォロー:

・オリジナルテキストプレゼント。各回の目的、資料など

・オリジナル作文原稿用紙プレゼント

・お子さんと一緒に書いた作文を清書、添削(毎回)

・清書、添削した作文を郵送

・お子さんからのお手紙への返信(無制限)

・講座に関する質問等、最終回までメールフォロー

 

◆料金

期間限定価格 49,200円(通常60,000円)

料金に含まれるもの

・40分×6回の指導料 (リアルは50分×6回)

・作文の清書と添削×6回

・オリジナルテキスト

・オリジナル作文原稿用紙

・通信料(郵送、電話など)

・メールフォロー(期間中無制限)

・修了証書

▼全6回修了後お渡しします

 

個別相談のすすめ

まずは、個別相談(無料)でお子さんとママのお悩みをお聴きします。

お気軽にご相談ください。

★お申込みはこちらから★

小学生でんわ講座 受講のしおり→

遠方の方は、でんわで受講できます。

お家の方がいなくても、ひとりで受講している生徒さんもいます。

電話は、通信のストレスがありません。

そして、音声のみの情報なので、集中して受講できるのです。