まだ間に合う「だい好き!TOKYO &東京コンクール」応募することで得られるものは?

子どもの本音を言葉に変換!

感じて考えて書ける子に

岩下作文教室 岩下春江です。

 

おススメコンクール

なんと、1月末に締め切りの
作文コンクールがあるのを忘れていました!
このコンクール、おススメなのです。
何と言っても、短い!
400字!
応募要項によると、

 

東京で暮らす毎日の生活のなかで、

東京の大好きなところを、

東京ブランドの五つの価値から一つを選び、

絵または作文で表現してください。

 

五つの価値は

①たったひとつの、他にはない!
②すてき!すごい!
③わくわく、どきどき!
④おもてなし
⑤あんしん、べんり!

もしかしたら、学校で

応募した人もいるかもしれませんね!

 

対象は「小学生」

お気付きかもしれませんが・・・
東京に関わりがある小学生が対象なんです。
あ、「住んでいる」は条件に入りませんよ。
応募要項の対象は
「小学生」
ですから。
東京に何か関わりがあったり、
思い入れがある小学生だったら、
応募可能です。

あと5日!!で仕上げてみようと思う方は、
ぜひ、チャレンジしてみて下さい!

 

地域限定はねらい目

今日紹介したのは、東京が中心の応募ですが、

案外、地域限定の作文の公募は多いです。

地域を限定されると、採用率も上がります。
ちょっとした「目立つ」ポイントがあれば、
採用への道は近くなります。

今回の東京のコンクールでは、

多分、「東京」と言えば、
「東京タワー」とか(古いか^^;)


「スカイツリー」

名所をネタに書く子が多いと予想します。

東京に暮らしていると
名所を毎日見るなんて、普通なんだけど、

東京以外の子は普通じゃない。
そんなことを言われたこと、ありませんか?

「東京タワーは毎日学校に行くとき通ります」

とか。
実際はないか^^;

毎日の生活の中に自然に溶け込んでいる名所、
というのはありですね。

東京に暮らしている子だからこそ、
気付く視点から書けます。
逆に、東京でも、案外、
「ほのぼの、のびのびしています」
という視点。

これもいいです。

 

 

もし、東京に住んでいないとすれば、
テレビで見た、
ものすごく好き、
こんな人に会った、

などの「強烈」な経験があれば書けます。

 

 

採用されるコツは、切り口

どこから、責めるか。
岩下は、それを考え続けて、

新聞投稿に採用されてきました。

〇他の人が気付かない視点、

〇考えつかないアイデア

〇誰にも書けない感動
これらに気を付けても、
ボツにはなるんですが、
応募して無駄ではありませんでしたよ。
応募した後の、文章力と読解力は
格段にアップしましたから。

子どもが応募して何を得るのか?

 

子どもだって、
「挑戦する気持ち」と
「挑戦するチャンス」を
大人が与えるべきです。
特に小学生のうちに、
「挑戦する気持ち」と
「挑戦するチャンス」を

与えられた子は、自信を持って

生きていかれます。
作文だけじゃなく、

スポーツでも、

音楽でも、
勉強でも。

 

まだ間に合う「だい好き!TOKYO &東京コンクール」

こちらから

▼▼

http://www.asahi.com/ad/daisukitokyo/
「ママと一緒だとケンカになってしまう」という場合、

(↑↑これ、ほとんどの御家庭で言われてますよ^^;)
マンツーマン指導で承ります。
お気軽にご相談くださいね(^^)
▼▼
マンツーマン指導
http://iwaonn.com/?page_id=143

▼▼

目からウロコの無料メール講座

「超簡単!ワクワク楽しい日記がスラスラ書ける7つのヒント」