読書感想文の本の選び方は?書きやすい本はある?岩下の選び方は?

読書感想文を書きやすい本ってありますか?

本の選び方に悩んでいらっしゃる方は案外多いです。

「なんでもいいよ」

といいつつも、感想文が書きやすい方がいいに決まっている!

そんな風に親としては思ってしまいますよね。

 

正直言って、私の経験上、「書きやすい」本はありません。

 

そもそも読書感想文そのものが難しいからです。

どんな本でも、感想文は難しい。

だから、どんな本でも書きにくい。

 

逆に言うと、どんな本でも書けます(^^)

 

岩下のおススメは「読みたい本」

課題図書の封筒を見て、「読んでみたいな」

と思えば書けます。

 

とにかく読みたい本を読む!

 

これが一番です。

 

お子さんに負担がない時間内で読める本であれば

どんな本でもいい、というのが私の考えです。

 

実際に子ども達はどんな風に選んでる?

子ども達に聞くといろいろな理由があがります。

以下、子ども達が言っていた言葉です。

 

 

(ア) 題名が面白そうだった
(イ) 表紙の絵がカッコ良かった
(ウ) 表紙の女の子がかわいかった
(エ) さし絵がたくさんあった
(オ) 友達が面白いと言っていた
(カ) 図書室でいつも人気がある
(キ) 恐竜が好き
(ク) 歴史が好きだから織田信長の本を読みたかった
(ケ) テレビドラマを見たら本(原作本)も読みたくなった
(コ) 字が少なくて読めそうだった
(サ) お母さんが読めと言った
(シ) お父さんが勝手に買ってきた
(ス) お父さんが子どもの頃に読んでいたと言った

 

 

見た目派、口コミ派、目的派などに分かれます

見た目派

表紙の絵に惹かれる子が多いです。

女の子の顔だったり、動物の絵だったり。

題名の面白さも子どもを引きつけるようです。

 

文字が多いか少ないかも大切な要素です。

自分が読みやすい「量」は子ども達自身が分かっています。

 

 

 

口コミ派

友達から紹介された、という子がいます。

友達同士で本の情報交換なんていいですよね!

図書館でいつも予約で借りられないから気になっていた、という子もいました。

夏休みを機に、借りてみたそうです。

怪人二十面相はパパが子どもの頃読んでいたと聞いたから、自分も読めるはずだ

と対抗心を燃やしてチャレンジしたそうです。

 

 

目的派

歴史好きの子は、テレビで見た織田信長が知りたくなって本を借りたそうです。

最近は、ドラマの本も出ています。小説を原作にしたものなど

ドラマが気に入ったからこそ、読んでみたいと思うようです。

私も、このパターンの時がよくあります。

 

番外編 肯定的服従派

「お母さんが読めと言った」

「お父さんが勝手に買ってきた」

服従することはあまりよくない、という印象を持ってしまいがちですが

子ども達はそんな風に思っていません。

 

「本好きのお母さんが選んだ本だから間違いない」

と言っていました。お母さんのことを素直に尊敬しています。

 

「ある日お父さんがくま○○書店の袋をポンとぼくに渡した。」

という書き出しで感想文を書いた子もいます。

お父さんが買ってきてくれた、そのことが嬉しそうでした。

 

ですから、親が「これを読めば」と言って納得するなら

それもありではないでしょうか?

 

 

本を選んだ理由が感想文を書くのに役立つ

読書感想文はだいたい原稿用紙3枚です。

3枚を感想だけで埋めるのは至難の業。

そこで、どうしてこの本を選んだのか、必ず理由を書いてもらうことにしています。

理由には、個性が表れます。

そして、その子の経験や好み、考え方が一番分かります。

 

ですので、私は、どんな本でも感想文を書かせることができるというわけなのです。

 

図鑑でも、漫画でもOK

図鑑でも漫画でも描くことができますよ。

ただし、学校で許してくれれば、です。

 

学校で禁止されているものを提出すると、お子さんが学校で怒られて、後で傷つくことになってしまいます。

そんなことにならないように、もし、「図鑑や漫画で書くかもしれない」

と思ったら、夏休み前に学校に問い合わせておきましょう。

夏休みに入ってからでは、回答が延び延びになってしまう場合があるのでご注意を。

 

 

 

参考になりましたでしょうか?

ちなみに、岩下がオススメの本は無料メール講座

ママも感動!小学生30人全員90分で読書感想文が書けた!
子どもの素直な感性を引き出す7つの鍵→→

の最終回で紹介しています。