作文を習って卒業した小学生は自信にあふれている

卒業生からのお便り

 

嬉しいハガキを頂きました。

学校の先生に「すごい文章力だね」と褒められたなんて、素晴らしいです!

 

この生徒さんは、小学生カンゼン克服作文講座基礎コース応用コースを受けました。

それも、電話で。

ご両親がまだ帰っていない時間に、ひとりで電話を受けて作文を書きました。

時には、雨戸を閉めたりお家の用事をしていた時もありましたが、時間通りに必ず電話に出ました。

 

 

 

自分の考えがうまく伝えられなくて困っていたのが、学校の宿題もだんだんひとりでできるようになってきて、どんどん自信をつけている様子がママのメールからも伝わりました。

 

 

 

ママからのご感想

少しずつ 作文を書く事に抵抗が無くなってきたのか、考える力がついてきたのか、

「算数の文章問題も出来る様になりました!」と担任の先生からお褒めの言葉をいただいたんです。

 

全国学力テストで、生徒達の傾向として、国語でも、算数でも文章問題ができないのですが、

「Kさんは 良く理解していて、点数も良くとれてます。」と言われました‼️

 

多分 岩下先生の作文教室で、沢山いろんな課題をこなしてきたお陰だと思います。

 

全国学力テストで国語も算数もよくできているなんて、本当に力がついた証拠ですね!

 

確かに。たくさんいろんな課題をこなしました。

理不尽だと思うものもありましたよ。特に子ども達が困るのが【日付作文】。

何もない、「今日」の日から作文を書くというものです。

この生徒さんも本当に苦労していました。

 

 

新聞投稿に採用されてから更にレベルアップ!

最初は自分の考えがうまく伝わらなかったのに、新聞投稿に採用されたのです。

★祝!新聞投稿~本音が書けた生徒さん~→→

この時は、嬉しかったですね。

本人もすごくびっくりしたそうです。

 

ママは応募したことを内緒にしていたようです。掲載されなかった時はショックだろうからって。

 

それだけ、自信がなかったんですよ、作文に。

 

この作文は、本当に感じていることがよく書けていて、教室に来た人が読むと(壁に貼ってあります!)

「よく分かる!」とおっしゃいます。

 

 

 

自信を持って中学へ

自分の気持ちや考えを文字にできるようになったら、中学で多少つまずいても乗り越えて行かれます。

今の子ども達は、教育改革の影響をもろに受けますが、学校や塾で教わることは「テクニック」です。

 

文章のテクニックを使えるようになる前提は、自分の気持ちや考えがある、それを表に出せる、ということです。

 

私が伝えていることは、この「テクニック以前」です。

「あなたの本当の気持ちは何?それを文字にして」ということです。

 

 

 

テクニック以前の自分の気持ちや考えがなければ、どんな方法を使っても伝わる文章は書けません。

 

 

自分の気持ち自分が理解できることは、とても大切なことだとこれからも伝えていきます。

 

 

ハガキの裏はかわいいパンダでした~(^^)

まさに「なにごともチャレンジ!」

 


岩下作文教育研究所  岩下春江

——————–
埼玉県川口市柳崎5丁目
(ヨークマート柳崎店徒歩2分)

川口市立在家小、前川小、鳩ヶ谷小、
青木中央小
さいたま市立大牧小、向小、芝原小
白岡市立篠津小、
開智小、埼大付属小等の
生徒さんが通っています。

修学旅行、卒業文集など
お子さんの言葉で
お子さんの気持ちが表れた作文の
お手伝いができます。

出張ご希望も承ります。

海外在住の方、遠方の方は
オンライン講座で受講しています。

お問い合わせのみでもお気軽にどうぞ(^^)