4月からのよみカルとSRカルチャーの講座は同じなんですか?

2019年4月より2カ所で開講

よみうりカルチャー浦和と浦和美園駅直結SRカルチャーの2カ所で講座をひらきます。
講師は同じ岩下春江ですが、内容は違うものを提供致します。


作文用紙はオリジナル。両講座とも使い放題!

どんな違いがあるの?

内容が違います!

よみうりカルチャーは、めざせ100作文! 小学生のための作文教室ということで、本当に100作文書いていくことを目指します。
お子さん達は、日記の宿題などで、作文を100!書いた経験はありますか?
苦手の原因は、とにかく数で解決していこうという考えです。
ですから、「作文と聞いただけで拒否反応を示す」というお子さんが、作文に対して自信を持てるようになることを目指しています。


SRカルチャーは、小学生作文力アップ講座 ということで、 毎回違ったテーマで色々な作文の書き方を身に付けていきます。少人数制をとりますので、数よりも内容重視の指導を目指します。そして、夏休みの読書感想文を自力で書ける力を身に付けられるように、1ヶ月に1回、しっかり書いてきます。こちらの講座も、「作文が超苦手」という生徒さんでも「作文って面白い!」という仕掛けを用意しています。

会場の違い

まず、会場が違うのはお分かりの通りです。

よみうりカルチャー浦和はJR浦和駅徒歩7分のロイヤルパインズホテル地下1階です。
JR浦和駅は色々な路線が入っていますので、アクセス抜群。
埼玉県内はもとより、都内からのアクセスも良好です。

乗り入れ路線:宇都宮線、高崎線、湘南新宿ライン、京浜東北線

対して、SRカルチャーは埼玉高速鉄道浦和美園駅直結です。改札を出てエレベーターで上がるだけ。
近くにイオン美園店があり、お買い物ついでで来られる方もいらっしゃいます。が、私の印象では、近くに見えてもかなり歩く・・・という感じです。人によって感覚が違うところではあります。


東京メトロ南北線と直通運転をしており、都内とのアクセスも良好です。

料金の違い

よみうりカルチャー浦和は、

5回分受講料13,500円 教材費1,620円 設備費810円(会員証代216円)
合計=15,930円(新入会の方は16,146円)

1回あたりで計算すると、3,186円(受講料+教材費+設備費)



埼玉高速鉄道SRカルチャーは
全5回19,800円 (※教材費込み) 1回あたり3,960円 1回ごと受講5,000~6,000円


SRカルチャーの方が割高な印象を持たれると思います。
その理由は、会場費等が含まれるということがひとつあります。そして、岩下が主宰していますので、ひとり1回のみの補講が可能です。

よみうりカルチャーは、5回分とありますが、生徒さんのご希望があれば6回以降も継続していきます。
途中からの受講や見学、体験講座は随時受付が可能です。

結局どちらを選んだらいいか悩みます

交通の便と時間で選ぶ

まずは、通える場所かどうかです。そして、時間の都合です。


内容で選ぶ

私の元に来る生徒さんは、ほとんどが、「作文がキライ!」それも「大っ嫌い!」といいます。
ですから、どちらも作文を克服したい、というご要望には応えていきます



その中でも、超初心者だと思われる場合は よみうりカルチャー浦和をおすすめします。
1回に付き、2つ、3つの作文が仕上がるような書き方をお伝えしますので、ファイルがどんどん厚くなります。

1回に3つ作文を書いたとしたら、1ヶ月2回で6作品、3ヶ月5回でまずは、30作品も書けることになります。

慣れるためには、まず量を書くことを目指します。


昨年、SRカルチャーで学んだ生徒さんは、「同じ内容かな?」と思うかもしれません。
確かに同じ内容もあります。
でも、新しいネタも用意していますよ。
そして、SRカルチャーでは読書感想文の講座があります!
昨年、ここで継続受講して、読書感想文の書き方を学んだ生徒さんは、自力で書けた!と報告してくれました。

そして新ネタとして、公衆電話体験もあります。

よみカルとSRカルチャーの違い

詳しい内容はこちらです

よみうりカルチャー浦和のスムーズな申込み方法はこちら→

「2020年教育改革は来年なんだよね?」と子どもでさえ、気にするようになりました。
そこで、身に付けておきたい力が作文を書く力、それも、自分の考えがちゃんと文字にできる力です。
子ども達は、自分は何を考えているか、自覚できていないことがよくあります。
そんな、ブロックを取り払って、作文を書くのって楽しい!と思えるような講座にしていきたいと思っています。