ひとが書いた作品を読むと飛躍的に上達する【9/25イベント作文SRカルチャーの講座】

子どもの本音を言葉に変換!

感じて考えて書ける子に

岩下作文教育研究所 岩下春江です。

 

 

 

 

今月で埼玉高速鉄道SRカルチャーの講座はいったん

終わりとなりました。

 

 

最後の講座はイベント作文。

 

二学期は運動会、音楽会、遠足など

たくさん行事がありますね。

 

楽しい行事が終わった後は

辛い作文の宿題が・・・”(-“”-)”

 

 

 

この日の講座では、

同じ小学生が書いた作文を紹介しました。

 

私がいい!と思った作品です。

 

 

 

3つくらい紹介しましたが、どれも

子どもらしく生き生きとしたものです。

 

 

そして、作文の内容が

「ひとつにしぼられている」

 

 

行事ではたくさん書きたくなります。

例えば、「朝起きました。学校に言ったら○○ちゃんがいました」

と、出来事の羅列が続いて「楽しかったです」で終わるというよくあるパターン。

 

 

 

でも、その中のひとつの場面だけにしぼることを

おススメしています。

 

 

 

言葉で言うだけでは子どもに伝わらないと思ったので

作文の例を。

 

 

 

てきめんでした!

 

 

 

クオリティーの高い作品が完成しました!

新聞の投稿に応募してもいいと思える作品も出現。

 

 

投稿が初めての場合は、地方版のページがおすすめです。

【投稿募集】など書いてあったら、ぜひ応募してみて下さい。

お子さんの自信がつくこと間違いなし!

採用されなくても、待つワクワク感を感じるし

他の人はどうして採用されたのか、

文章を吟味して読むようになります。

読書の幅も広がりますよ。

 

 

翌日、ママから報告が。

講座の後、家に帰って7枚書いたと!!!

7枚と言ったら、2,800字!

自分は作文が書ける!と自信がついたから

書きたくて仕方がなかったのでしょうね。

 

真相はどうだったのか、

どんな作文が仕上がったのか、

今度会ったら聞いてみようと思います(^^)

 

 

 

4月から

ご参加下さった皆さん。

ありがとうございました。

ちょっと寂しい・・・

埼玉高速鉄道に乗ることも減るな~

暖かくなったら再開予定です。

 

それまでは、こちらの最強作文講座を

受けて見てはいかがでしょう?

その名の通り、完全に作文を克服する講座です。

小学生カンゼン克服作文講座→