読書感想文の無料メール講座を読んだだけでうまく書けてしまった小学生

子どもの本音を言葉に変換!

感じて考えて書ける子に

岩下作文教育研究所 岩下春江です。

 

今年の夏休みは30人の子ども達と

作文を書きました。

圧倒的に読書感想文が多かったのですが

実際に岩下に会っていない子ども達も

岩下と関わって読書感想文に挑戦してくれました。

この夏は無料メール講座

http://iwaonn.com/?page_id=1328

———————————
ママも感動!
小学生30人がたった90分で
読書感想文が書けた
子どもの素直な感性を引き出す7つの鍵
———————————

という題名で7月から配信していたんですが

この無料メール講座だけで

読書感想文が書けた!

という報告をいくつか頂きましたよ。

ひとつは、高学年のお子さんに

「メール講座をそのまま読ませた」

Sさん。

指定の文字数を大幅に超えて書けたそうです。

ということは、このメール講座は高学年の子が

読んでも分かる、ということです。

嬉しいです(^^)

高学年ともなると、親の言うことを聞かないことが

多くないですか?

そんな時、さらっとスマホ画面を見せて

読ませる方法、使えますね。

Sさん。報告ありがとうございます。

そして、やはり指定文字数を大幅に超えた

Hさんのお嬢さん。

増えすぎて削るのを手伝ったとか。

「読書感想文でこんなに思考が広がるのか」

と感じられたようです。

それだけ、お嬢さんの感想文は

内容が濃かったのですね。

Hさんの了承を得ていますので、

頂いたメールの一部を紹介しますね。

※( )は岩下が付け加えました。

—————————

私はいつも(文字数が)足りなくて

困ったくちなので

我が子ながら、すごすぎるわと感心しました。

(文字数が多くて削らざるを得なかったから)

 

みせてもらった文も、話すように書いていて

とても楽しい作文で驚きました。

 

感想文で、こんなに思考が広がるのかと、、

 

私は出しても出さなくてもいい感想文なんて

やらなくていいと思っていましたので

最初の感想を聞いたのと削る以外

全く手伝っていません。

でも、そんな私が、やりたいと

やる気になっている娘への

声かけがうまくできたのは岩下先生の

おかげだと思いましたので

うれしくて報告です。

メルマガの読書感想文のコツは

とても参考になりました。

そのあと不安になっていた私に

「Hさんの声かけはあっていたのです」

と質問の回答でいただいたことが

とても自信になりました。

娘はもちろん、私も成長した気がします。

ありがとうございました!

(↑引用ここまで)
———————————————

Hさん。ありがとうございます。

Hさんは、無料メール講座中に、

「うまくいかない」

とお問い合わせ下さいました。

メールへの返信は「家訓!」により

必ずすると決めていますので

すぐにお返事。

その通り実践して下さいました。

 

SさんもHさんも

お子さんが無料メール講座だけで

読書感想文が書けてしまった!

 

まずい、、、

リアルの講座に人が集まらなくなってしまう、、、^^;

 

 

それでも、子ども達が笑顔で

書けた!

と言っている様子を想像すると嬉しいので

どんどん読んで下さい。

登録はこちらから

http://iwaonn.com/?page_id=1328

 

「読書感想文の宿題は終わってしまった!!」

 

ですね~^^;

 

意味ありませんね~

でも!来年また読書感想文の宿題は出ますし、何と言っても

作文のコツは一緒です

なぜなら、何か書きたい経験とか、出来事があって

それを文字にするのが作文だからです。

 

読書感想文は「経験」が「本」なのです。

 

作文は、ひとに伝わるように、

自分の感じたこと、考えたことを

盛り込んで書かなければ面白くありません。

面白く書けた作文は

書いた自分も読み返したくなります。

お子さん、自分が書いた作文を読み返しますか?

ママ達は結構、自分の日記を読み返して楽しんでいる

と仰る方が多いですよ(^^)

 

 

もちろん、私も自分が書いた「嫌なこと日記」は

読み返すと本音のオンパレードで自分の文章ながら

面白い!

笑える!

バカバカしい!

知らぬ間に時間が経っています。

 

 

お子さんも、自分の作文を読み返すと面白い!

となってくれるといいですね。

 

 

こんなに効果が上がる読書感想文の無料メール講座

もう一度改めて読んでみたい方も

何度でも登録できます。

 

 

 

まだ読んでいない方は

「だまされて」(笑)

読んでみて下さい。

 

 

無料メール講座

ママも感動!小学生30人が90分で読書感想文が書けた

子どもの素直な感性を引き出す7つの鍵

登録はこちら→

お子さんが、元気で

二学期を迎えられますように(*^_^*)

 


岩下作文教育研究所

埼玉県川口市柳崎5丁目
(ヨークマート柳崎店徒歩2分)

川口市立在家小、柳崎小、前川小
さいたま市立大牧小、向小
ルーテル小等の
生徒さんが通っています。

夏休み作文カンペキ!講座では
川口市、さいたま市大宮、与野
草加市、越谷市
東京都北区、板橋区、八王子市
などからもお越し頂いています。

埼玉高速鉄道SRカルチャー
さいたま市西堀、松伏町等
出張しております。

Tel 048-269-5131