小学校の連絡帳ってどうしてる?困っていませんか?

子どもの本音を言葉に変換!

感じて考えて書ける子に

岩下作文教室 岩下春江です。

 

 

「連絡帳」って使っていますか?

もしくは、使っていましたか?

 

 

小学校で、担任の先生とやり取りをする

いわば、「交換日記」のようなものです。

普通は、明日の予定を子どもが書いて、

学校を欠席する時は、

その旨を書き、近所の子に預けます。

 

 

私は、この連絡帳、すごく悩みました。

「こんなことを書いてもいいのか?」

 

 

そして、私は書くと止まらない性質(たち)なので、

「こんなに書いてもいいのか?」

相当な量を書きました。

高校2年の娘が今になってびっくりするくらい^^;

 

 

そのうちに、先生を「怒らせない」

書き方に気を付けるようになりました。

 

 

とは言っても、小学生ママ2年目は先生を怒らせていたと思われます^^;

娘、小2の時の連絡帳を見つけました。
高2になった娘曰く「母はひどいモンペだ!」

参観日の感想と称して

①登校班の問題

②蛍光灯を交換要求

③教室の空気の入れ替え要求

④先生の話す速さが速いという指摘

 

 

脂汗が出ます(^_^;)

 

 

この時は、気になった部分にアウトラインを引いて

返信して下さいましたが、

その後、この担任の先生とは、断絶しました(ー_ー)

 

 

この連絡帳でも、絶対怒ってますよね!

 

 

ある時

「私は十分やりました。もうこれ以上私にできることはありません」

と書かれてしまいました(^_^;)

 

 

特に、登校班の問題が大きく、

何度となく連絡帳に書いていたからです。

問題を解決して欲しいと頼みつつ、

上の子から我が子がいじめられないように

配慮してくれと、難しい要求。

 

 

そりゃ、担任も嫌になりますよね。

 

 

その後、学年が上がるにつれて、

書く量は減りましたが、

問題が減ったからではありませんでした。

 

書くのを諦めたのです。

 

あの時、どうすればよかったんだろう。

 

他のママは連絡帳どうやって書いているのかな。

 

そんな疑問が浮かんできたのです。

 

連絡帳で困っている!という方、メッセージお待ちしています!(^^)!

☆★メッセージはこちらのフォームでも承ります。→→

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です